旦那の浮気をさせないコツ

いつまでも自分が魅力的で居る努力をすること

結婚をした際に奥様が心配になる1つが、旦那さんの浮気だと思います。
結婚をしたからこそ、職場の女性と浮気をするのではないか、色々な面で心配になり、過剰な詮索をしてしまう奥様も居るかもしれません。

余程元々浮気性な旦那様で無い限り、男性が浮気をしたいと思ってしまうのは、奥様に何らかの変化が生じた時である事が多いでしょう。
結婚前とは違って、日頃からすっぴんや、適当な服装をすることが目立つようになった、結婚してからガミガミとうるさくなったなど、男性がうんざりしてしまう事をしないようにして下さい。

奥様側にこうした変化があり、旦那様が家庭以外のどこかに癒やしを求めた結果、他の女性に走るということも少なく無いでしょう。

相手の異性関係に出来るだけ口出しをしない

旦那様が働いている場合などは特に、仕事関連の女性の方と、二人でご飯に行ったり、お酒を飲むような機会も少なくありません。
それを止めてしまうと、仕事に支障をきたしてしまう可能性がありますので、あまり無理強いは良くないでしょう。

ですが、朝帰りなどは言語道断。
必ずある程度決めごとを決めて、必ず何時に帰るのかなど、事前に連絡をさせるようにして下さい。
あまりにも自由にやらせすぎてしまうと、浮気に繋がる可能性があります。

またお子さんが居る場合は、お子さんが帰りを待っているように伝えて、守るべき物があるということを、旦那様にしっかりと認識させる事が大切です。
万が一相手の女性側がその気になっているとき、男性側がきちんと堪えられるかどうかは、理性と責任感にかかっています。

万が一の際にはしっかりと話合いをしましょう

不倫の兆候、浮気の兆候などがある場合は、決してため込むような真似をせず、1つ1つ話合いをすることが大切です。
もちろん、責めるような口調ではなく、何故そう言うことになっているのか、きちんと説明して欲しいという、お願いするスタイルでいきましょう。

現段階で確実な証拠が無いという場合はこの方法で話合いをすることが大切ですが、万が一、確実な証拠が手元にある場合。
話合いをする前に、今後どうして行きたいのかをよく考えてから話をしておきましょう。

初犯であれば許すのか、それとも即離婚をするのか、具体的にどうして行きたいのかを考えた上で、話合いをする内容も変えていくことが大切です。
場合によっては弁護士さんを入れて話合いをしないといけない場合もありますので、事前にプロに相談するというのも1つの方法でしょう。

浮気は夫婦関係を脅かす、非常に重大な問題です。
出来れば事前に浮気をさせないように、工夫をすることが重要でしょう。